思い出せそうで思い出せない過去のコト、ブログは私のもう一つの脳?


Sponsored Link



何気ない日常の出来事や行った場所の写真をブログに載せている。

まぁ平凡な私の毎日をブログを通して見ているのは、昔からの親友や田舎の母ぐらいだろう。

手帳にもちょっとした出来事を書き留めたり、映画のチケットの半券や行った観光地のパンフレット、美味しかったお菓子のお店の名刺なんかも貼っている。

先日、上司と話をしていて取引先の方からいただいたお土産の話になった。

『あれ、あれ美味しかったよね、名前が出てこないけど、季節限定だって言ってた。○○さんがお土産でくれたやつ』

上司なおぼろげな記憶をたどると1年以上前ににお土産でもらった銘菓の話だった。確かに私も一緒にいただいたのでブログに写真をのっけていたはず。

『これですか?』

スマートフォンの写真を見せながら上司に確認する。

『そぅこれこれ、今度別の人に持っていくから用意しといてね』

との無茶ぶり。確かに私のスマートフォンには食べる前のお皿の上のお菓子とお茶の画像があるがお菓子の名前に繋がる情報はなかった。

まして去年の話、私の手元の手帳に情報が載っていることはない。そうだ、こんな時には昔の私に頼るしかない!

自分の書いたブログを画像の撮影された日時から逆算して検索する。

お菓子を食べた日のブログにはちゃんと、お菓子の名前も載っていた。名前が分かればネットから販売しているお店を調べることが出来る。

思い出せそうで思い出せない昔の出来事をちゃんと記憶しておいてくれる私のブログは、私のもう一つの頭脳のような役目もしてくれる。

集客バナー3



Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ