【ブログ成功体験談】専属スタッフを見つけることができた。


Sponsored Link



男性 アパレル関連

先日までアパレルのブランドを運営していたのですが、私自身どうも営業することに苦手意識が強く、かと言って専属のスタッフを雇う余裕が無い時期がありました。

そんな時に

多少なりとも助けになってくれたのは他の誰でもなくブログでした。

周囲の同業者はフェイスブックなどで代用していたようですが、私は事細かに長文でブランド概要や製造工程などを紹介したかったのでブログを主にやっていました。

またネタが無い日は日頃の些細な事にスポットをあて自分なりの意見や感想を書き留めるような感じの内容

例えば食やスポーツ、テレビ番組などのテーマや時には株投資なども思ったことを書いていました。
基本的に自分だけの満足を目的とした文章の書き方ではなく

できるだけ情報としても活用できそうなところまで掘り下げたりする努力はしました。

実はそれには意味がありました。
実際に営業をしているとどうしても商品に関する話題だけに終始したいところなのですが、それだけに偏ると結構敬遠されるようになるものです。
つまり売りたい気持ちが強くなりすぎて、お互いのスタンスに余裕がなくなるのでしょうね。
利益しか興味が無いという印象を持たれるとなかなかいい付き合い方ができなくなります。

しかし

いろんなネタをできるだけ面白おかしく時には真面目に語ることで、人柄や世界観が伝わり易くなる効果があります。

あくまでメインテーマはメインテーマ、雑談は雑談でバランスを考えますが、意外に大きな成果は得られた印象があります。
その後はお陰で営業スタッフが雇えたので結果オーライと言っていいのではと思います。

 

男性 アパレル関連様 ありがとうございました。

集客バナー2




Sponsored Link



5 Responses to “【ブログ成功体験談】専属スタッフを見つけることができた。”

  1. Johnd378 より:

    Farmville farms even include free gift that is bcgckgekfecg

  2. Johnc7 より:

    you may have an important weblog here! would you prefer to make some invite posts on my blog? baagfkeebcbk

  3. Smithd896 より:

    I like this weblog very much so much good info. It’s a poor sort of memory that only works backward. by Lewis Carroll. fedeefbcegedkeck

  4. Johnc602 より:

    plus offering extras which can announce this kind of the main benefit of the skepticism. dgkeadeadkdb

  5. Johnc592 より:

    Article Source a viral game app is not that much difficult. gkggegagkceg

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ