真偽のほどは?ネットで話題のあのお店


Sponsored Link



近頃はネットでの集客がひとつの手段として大きな力を持ち始めているように思いますが、実際にお店に行ってみてからの印象が全然違うなんてことはありませんか?

たとえば飲食店の口コミサイトなんかは利用率が高く身近な存在かと思いますが、これって結構書くひとの主観が入っているというか、もっと言えば全然当てにならないような気がします。

私も口コミで人気のお店に行ってみると、予約を入れたはずが入っていなかったり料理が出てくるまでにすっごく時間がかかったりなど、あれ?と思うことが多々あります。

悪いことは書いてはいけないのかと勘繰ってしまうほどに、口コミサイトはあまり当てにならない場合が多いですよね。

お店の公式サイトを見ても、トップページやキャンペーンページは華やかでぜひとも言ってみたいという気を起こさせるようにデザインされていますが、よくみると更新が1年以上前で料金やプランが変わっていたりすることもしばしばあります。

人間というのは情報の良いところだけを見てしまう傾向があります。

もちろん良く見なかったお前が悪い!と思う方もいると思いますが、店側もそういった周知は分かりやすい形ですることが望ましいはずです。

口コミサイトも「サクラ」が多いとも言われている世の中ですから、いくら人気のお店でも少しだけ注意してみたほうが良いのではないでしょうか?

集客バナー2




Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ