制作チームを外注にしてみる


Sponsored Link



ウェブの制作は少しかじったレベルのメンバーで構築して行くようなものではありません。

視認性や画面の遷移、トータルのデザイン、フラッシュの適切な利用などを含めて管理できる専門家集団を自社に持っていることが重要です。

もちろん、こうした舞台が自社にいない場合は外注することも頭に入れて臨むべきだと思います。

もちろん、外注するにあたってもトータルの窓口は自社部門であり続けることに間違いはありません。

適切な指示ができるデイレクターがいれば問題ないと思います。

適切な発信と集客を行うにあたって投資を行うことについて自社の中でしっかりオーソライズをとておかなければなりません。

集客についてはパーヘッドも重要な指標となりますので。

集客バナー2




Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ