喋り言葉で書くとブログが読みやすくなります


Sponsored Link



人気のブログを作るには、それなりの文才が必要になると思うのですが、堅苦しい文にならない様にした方がいいのは確かです。

学校とかで行われる読書感想文を書く様な感覚で書くとブログアクセスアップには繋がりにくいですね。そういうのは面白くないと思われてしまうのです。

専門的に何て言うのかは分かりませんが、口語体とでも言うか、つまり普段喋っている感覚で書くと良いと思います。

「○○じゃないかなぁと思ったんですけどね…まぁどうなんだか」という様な感じでしょうか。そういう文体は人が見てくれやすい傾向があるんですね。

語彙自体は少なくても大丈夫です。

下手に難しい言葉を使うよりも誰にでも理解できる表現を用いた方が良いのは間違いありません。

集客バナー2




Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ