ブログアクセスアップ123 1000 10000

【スマホOK】新規集客しませんか?

o0650500013417660294

札幌商工会に所属しています。
syoukou231

メディアにも多数ご紹介頂いております。

コメント数33 件のコメントあり。

【スマホOK】「いいね」集めます

お世話になります。

この度アメブロの新しいサービスとして

いいね!のサポートを行うことに致しました。

それに際し、今回

無料いいね体験者を募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

することに致しました。

こんな方はいませんか?

アメブロで集客したい!

いいねをもっと集めたい!

アクセスを集めたい!

今回そんな方を対象に

いいねを集めてあなたのブログを盛り上げます!

アメブロで売れている人と売れていない人の違いは3つあります。

1.アクセスが多い

2.読者が多い

3.いいね!が多い

ということです。

始めてあなたのブログを誰かが見たとき

いいね!が少ないブログと多いブログ

どちらが凄そうに見えますか?

当たり前ですが、多い方が良いに越したことはありません。

またアメブロでは読者登録が基本的にメジャーですが

スマホで見た場合読者の数は表示されません。

では何が表示されるか?

それは

ブログのタイトルといいねの数+コメント欄だけなんです。

スマホユーザーにもアピールした方は

このいいねの数=すごさやブランド力なんです。

他にもいいねが増えるとこんな良いことがあります。

【1】いいね!が増えることにより『自身のモチベーション向上』

 

【2】いいね!でつながることによる『SEO対策』

 

【3】いいねが多いことによる『ブランド力』

 

【4】いいね向上により『アクセス数アップ』

 

【5】いいね!がきっかけによる『集客』

 

などメリットは多数あります。

 

このいいね!は1日300件まですることが出来ます。

読者登録は1日50件までですが

いいね!は6倍の300件まで出来ます。

つまり

1か月毎日300件行うと

300件×31日=9300件

9300人にアピールすることが出来ます。

もちろん全部見てもらえるとは限りません。

仮に10人に1人レスポンスがあるとすると

930人あなたを見てくれます。

そのうち更に10人に1人が何らかの形で

・いいねを返してくれたり

・ブログを見て読者登録してくれたり

・何か登録してくれたり

・申し込みしてくれたり

・コメントしてくれたり

・自分を知ってもらえたり

・メッセージをくれたり

もちろん何もアクションがなかったとしても

アクセス数が向上=ランキングの向上などにも繋がります。

2013141434186

また中にはいいね!が多いと

・アメブロブロガーの集いに、招待された

・自分のメルマガに登録してくれた

・サービスに申し込みしてくれた

などと実際に結果を残している人も多数居ます。

 

「でも1日300件もいいね!なんて到底めんどくさい!出来ない!」

2013145169984

 

という方の為に

今回私が無料で10日間代行します。

内容

10日間300件合計3000件
「いいね!」をあなたの代わりに行います。


10日後体験して頂いて、継続or終了のご返答を頂きます。

A【美容室・ネイル・リラク】

B【自己啓発・セミナー・コンサル】

C【士業・自営業】小規模(個人)企業系

D【競馬・ボートレース】などのギャンブル系

E【株・FX】などの投資系

F【男性】

G【女性】

H【占いに興味ある人】系

I【美容に興味のある女性】系

J【北海道・東北・中部・関東・関西・近畿・中国・九州沖縄】などの地域系

K【その他リクエストしたい属性がある】

L【とにかく質よりも数やスピード重視】

M【おまかせ】

から好きな属性を選んでいき、そのリストにいいねを行っていきます。

『あなたがすること』
特になし

何もしなくて大丈夫ですので、ご安心下さい。

いいねを行うことにより

【1】いいね!が増えることにより『自身のモチベーション向上』

【2】いいね!でつながることによる『SEO対策』

【3】いいねが多いことによる『ブランド力』

【4】いいね向上により『アクセス数アップ』

【5】いいね!がきっかけによる『集客』

の効果があります。

もしお試ししてみたいという方が居ましたらは下記フォームよりお申し込みよろしくお願いします。

※人数に限りがございますので、定員になり次第終了します。

【特典として】

今回体験をお申し込みの方全てに

【1】アメブロで成功する裏技&メルマガで成功する裏技 全60P相当をPDFで無料プレゼント

【2】アクセスアップも無料で付きます。
(1日1000アクセスほど集めます。)

いいねを増やしてブログを盛り上げませんか?

お申し込みお待ちしておりますのでよろしくお願いします。

お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S65897718/

以上です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント数コメントなし。

目次・メニュー

当ブログにお越し頂き、誠にありがとうございます。

【目次・メニュー】

新規集客に興味がある方
アメブロの「いいね!」を増やしたい方
アメブロの読者を増やしたい方
アメブロのアクセスを増やしたい方
twitterのフォロワーを増やしたい方
ブログのコンサルティングをして欲しい方
ブログのデザインや画像作成を依頼したい方

 

【ブログ成功アドバイス】

第1章【新規集客の正しいブログの考え方とは!?】
第2章【アクセスが集まる、上手な記事の作り方とは!?】
第3章【ここをケチると9割が泡、デザインを怠ると痛い目に!?】
第4章【誰も来ないと意味がない!アクセスアップ方法とは!?】
第5章【出来ればもう勝ち組、売れる文章の書き方とは!?】
第6章【絶対に他人に言わないで下さい、ここでしか教えない裏技とは!?】
最終章【新規集客方法のまとめ】

 

【ブログ成功アドバイス2】

【第1章】ブログやネットが大事な理由
【第2章】ブログの目的・コンセプトを決める。
【最終章】ブログで集客するための具体的な方法

集客バナー3

札幌商工会に所属しています。
syoukou231

コメント数コメントなし。

アメブロでスマホ対策しませんか?

アメブロで今一番大事なことは単刀直入に言いますと

【スマホ対策】です。

 

アメブロでもPCであればメニューを設置出来るのですが

スマホでは表示されません。

スマホでもこのようなボタンがあれば便利だと思いませんか?

いつもお話しますが、ブログはわかりやすさが大事です。

ここでスマホのデータをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大事なデータ1】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

博報堂調べ

スマホ所持率(14歳以下や60歳以上を除くと)

現在約78%となっております。

また、この先さらに進み9割くらいになるかと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大事なデータ2】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネットを何で見ますか?

2013年4月
パソコン 57280
スマホ 28832

2014年3月
パソコン 53763(350万人減)
スマホ 39776(1100万人増加)

2015年3月
パソコン 48638(350万人減)
スマホ 49685(1100万人増加)

2016年3月
パソコン ?
スマホ ?

今の時代、パソコンで見る人よりスマホで見る人が多い

そして今後さらにスマホで見る人は増加して行く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大事なデータ3】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※パソコン出荷台数
2013年 1210万台
2014年 918万台(前年比24.2%ダウン)

※テレビを見る時間(30代)
2000年 100とすると
2015年 75(25%ダウン)

※ネットへの接触率や回数(30代)
2010年 48%
2015年 68%(前年比20%増加)

単純にわかりやすく言いますと

パソコンの普及台数が減り、スマホでネットをする時代になる。
(スマホ対策が必要)

テレビの視聴率が減り、スマホを触る時間が更に増えていく。
(ネットの対策が今以上に必要)

ということです。

ブログをやるにあたってはやはり、見る人の利便性を考えることは非常に重要です。

アメブロでスマホ対策をすると

※縮小画像をそのまま貼り付けていますので、多少ぼやけていますが、完成したものは綺麗に表示されます。

001

002

003

005

006

1010101010325656

11sdds

 

今スマホ対策をしないと

 

日本の50%(2人に1人)の顧客を失う

 

ことになります。

 

そして先程のデータでもお伝え致しましたが、今後更にスマホは普及していきます。

 

対策を行うことによりスマホユーザーの
クリック率向上

メルマガ登録率の向上

問い合わせ予約率の向上

HP誘導率の向上

アクセス数の向上

ブログの利便性の向上

が見込まれます。

手遅れになる前に対策しませんか?

ブログの記事の最後に貼り付けて頂くだけなので簡単に設置出来ます。

スマホ対策メニュー作成

6480円(税込)

以上です。

時代の流れに負けないように頑張っていきましょう。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

コメント数コメントなし。
サブコンテンツ

このページの先頭へ